メリモ

管理人ユウジによる趣味ブログです

鶴岡市長選挙2017結果速報!選挙日や立候補者、情勢予想も紹介

任期満了に伴う山形県鶴岡市長選は、10月8日に告示され、同15日に投開票が行われます。当記事では15日の即日開票に合わせ、結果速報を更新していきます。

立候補を表明しているのは、いずれも無所属で、3選を目指す現職の榎本政規氏(68)、新人で元農林水産省職員の皆川治氏(43)の2人です。10月2日現在、この2人以外に出馬の動きはありません。現職対新人の一騎打ちの選挙戦になりそうです。

10月1日の投票時間は7~20時まで(一部地域は19時まで)となります。選挙人名簿登録者数は、9月1日現在で109,642人(男51,757人、女57.885人)です。

  

スポンサーリンク
 

 

 

最新の開票結果はコチラ

当選 皆川治  42,443票

   榎本政規 31,261票

 

鶴岡市長選の争点やポイントなどを解説

2017年鶴岡市長選の最大の争点は、ずさんな予算編成によって2倍以上の費用を計上している鶴岡市文化会館の改築事業です。2012年の段階で45億円としていた基本計画が、2017年の一般会計で97億円近くまで計上されました。10万人レベルの都市規模を考えると、もはや異常と言わざるを得ません。

工事の施行レベルの低さを一部の市民団体の代表が指摘しています。屋根や壁面の鋼板に数え切れないほどの凹みがあり、屋根もほぼ全てゆがんでいます。建築の知識が全くない人が見ても分かれるレベルなので、相当なひどさです。

皆川氏は榎本市政に対して、文化会館問題を厳しく追及する姿勢を見せています。巨額な費用を負担するのは、もちろん鶴岡市民だからです。

 

【両候補の公約や主張など】
▽榎本政規 氏
・ごみ処理施設建設の問題点を解消し、責任をもって全うする
・初心に帰って市民の審判をあおぎたい
・文化会館の建設費は優れた建築物なのでやむを得ない

▽皆川治 氏
・市長報酬を3割カット
・学校給食費を段階的にゼロに
・各旧町村に10億円規模のまちづくり未来基金を創設

  

スポンサーリンク
 

 

 

立候補した2人はどんな人?プロフィールや経歴を紹介

榎本氏は中央大学経済学部を卒業後、1991年に鶴岡市議に初当選し、5期務めました。市議会議長の要職にも就き、2009年の鶴岡市長選で初当選、13年は無投票で再選しています。同年には市立加茂水族館の改修費用を捻出するため、住民参加型の「加茂水族館クラゲドリーム債」を発行、20分で3億円を売り上げました。

皆川氏は宇都宮大学農学部を卒業後、1997年に農水省入りした元官僚です。福岡県大和町(現柳川市)、内閣官房IT担当室、在シカゴ領事館などを歴任。2014年に出身地の鶴岡市へUターンしました。東北公益文化大大学特任講師、山形県環境審議会委員などを務め、鶴岡市長選出馬に向けて着々と準備を進めてきました。

 

榎本政規(えのもと・まさき)氏.

f:id:supplex:20171002230006p:plain

生年月日:1949年9月20日
出身地:山形県鶴岡市
出身校:中央大学経済学部
党派:無所属
職歴:鶴岡市長(2期)、鶴岡市議会議長、鶴岡市議(5期)

 

皆川治(みなかわ・おさむ)氏

f:id:supplex:20171002230044p:plain

生年月日:1974年10月3日
出身地:山形県鶴岡市
出身校:宇都宮大学農学部
党派:無所属
職歴:農水省入省、在シカゴ領事館、食料産業局企画課課長補佐

 

鶴岡市長選の情勢は、現時点で予測がつきません。7月の段階で榎本氏は自民党の加藤鮎子衆院議員の支援を受け、民進党の推薦を受けていた阿部寿一元衆院議員が皆川氏を支援しました。この構図から「山形3区」の代理戦争でもり、前哨戦というとらえ方もできます。

鶴岡は保守王国が続きましたが、2016年の参院選山形選挙区では民進党が圧勝し、鶴岡市でも自民党の候補が大敗しています。市民の政治に対するスタンスが、変わりつつあります。今回の鶴岡市長選でも、大きな変革が起きそうな気配があります。

当記事では10月15日の即日開票に合わせ、結果速報を更新していきます。

  

スポンサーリンク