メリモ

管理人ユウジによる趣味ブログです

堺市長選挙2017結果速報!選挙日や立候補者、情勢予想も紹介

任期満了に伴う大阪府堺市長選は、9月10 日に告示され、同24 日に投開票が行われます。当記事では24日20時の即日開票に合わせ、結果速報を更新していきます。

立候補は2人で届け出順に、大阪維新の会公認の新人永藤英機氏(41)=前大阪府議=、自民・民進・社民・日本のこころ推薦、共産が自主支援する現職で3選を目指す竹山修身氏(67)が立候補を届け出ました。

投票は24日7~20時です。9月9日現在の選挙人名簿登録者数は695,789人(男330,243人、女365,546人)となっています。

  

スポンサーリンク
 

 

 

最新の開票結果はコチラ

9月24日23時00分現在の開票結果は以下になります。(開票終了)

当選 竹山修身 162,318票

      永藤英機 139,301票

※開票率 100% 

 

堺市長選の争点やポイントなどを解説

今回の堺市長選も、前回2013年と同じ対立の構図となりました。「永藤氏=大阪維新の会VS竹山氏=自民・民進・社民・日本のこころ推薦、共産支援」という感じです。もっと簡単にすると、維新VS反維新ということです。

堺市長選は、現在の政令市を廃止して特別区に再編する維新の政策「大阪都構想」と、これを反対して堺の現状を維持する竹山氏の主張が争点となります。前回市長選でも全く同じ争点でした。ちなみに選挙戦に結果は以下の通りでした。

▽2013年堺市長選投票結果(投票率50.69%)
当選 竹山修身 198,431票 63歳 無所属(民主推薦、自民・共産・社民支持)     
西林克敏 140,569票 43歳 大阪維新の会

 

肝心の永藤氏ですが、大阪都構想への参加の可否を公約に含めていません。逆にこれを竹山氏が「都構想隠し」と批判しています。竹山氏の言い分は正論です。一方で竹山氏は「寝返り」が悪い癖です。2009年の初当選時には、橋下徹大阪府知事の全面支援を受けながら、13年の市長選で都構想に対立し、維新の会とけんか別れしました。

竹山氏の「寝返り」で堺市では、信じられないことも起きています。2009年の市長選では竹山氏の敵だった政党が、13年でそっくり入れ替わりました。国政では自民と共産は犬猿の仲で地方選でも全く同じ構図ですが、堺市長選では維新と戦うために共闘している大きな矛盾が生じています。

堺市長選は「大阪都構想」の是非をはっきり言えない男・永藤氏、「寝返り」で節操もなく支援を受ける竹山氏……。さすがに大阪というだけあって強烈なキャラの候補者が今回もにぎわせてくれます。

 

【両候補の第一声】(9月10日)
▽永藤氏
・争点はただひとつで停滞か成長か。成長に舵を切る分岐点になる
・(VS竹山氏)公明党以外のあらゆる政党がついている。堺の未来は政党が決めるのではない

▽竹山氏
・(VS永藤氏)都構想隠し
・堺を政令市として発展させたい。堺はひとつ

  

スポンサーリンク
 

 

 

候補者2人はどんな人?プロフィールや経歴を紹介

永藤氏は大学を卒業後、経営コンサルタント会社を設立しています。2011年に堺市堺区から出馬し、大阪府議選に初当選しました。15年には2期目の当選を果たしました。地方行政を勉強するため、2008年には全国47都道府県をバイクでめぐるなどの行動力がある若手政治家です。

竹山氏は地方公務員としては、輝かしいキャリアを持ち、政令市の市長になりました。総務畑も長く、大阪府総務部人事課長、府議会事務局長、府商工労働部長、府政策企画部長などの要職を歴任しています。大学の4年間を静岡で過ごして以来、全て堺市に在住しています。

 

永藤英機氏(ながふじ・ひでき)

f:id:supplex:20170911123345p:plain

生年月日:1976年7月13日
出身地:兵庫県芦屋市
出身校:大阪府立大学経済学部
党派:大阪維新の会
職歴:大阪府議(2期)、経営コンサルタント会社経営

 

 

竹山修身氏(たけやま・おさみ)

f:id:supplex:20170911123438p:plain

生年月日:1950年5月30日
出身地:大阪府堺市
出身校:静岡大学人文学部
党派:無所属
職歴:堺市長(2期)、大阪府政策企画部長、府商工労働部長

 

今回の堺市長選は接戦が予想されています。「大阪都構想」の是非が争点となります。各報道などの世論調査ではほぼ互角の展開を見せています。都構想に反対の市民が多いというのが実情でしょうか。一方で市の不祥事が続出する竹山氏の評価も低くなっています。

 

当記事では、24日20時からの堺市長選の開票結果に合わせ、結果速報を更新していきます。

  

スポンサーリンク