メリモ

管理人ユウジによる趣味ブログです

市川市長選挙2017結果速報!選挙日や立候補者、情勢予想も紹介

任期満了に伴う千葉県市川市長選は、11月19日に告示され、同26日に投開票が行われます。当記事では26日の即日開票に合わせ、結果速報を更新していきます。

立候補したのは、いずれも無所属新人で届け出順に次の5氏です。

・元衆院議員の村越祐民氏(43)=民進、共産、自由、社民、市民ネット千葉県推薦
・元市議の高橋亮平氏(41)
・元千葉県議の小泉文人氏(44)
・元千葉県議の坂下茂樹氏(43)=自民推薦
・元衆院議員の田中甲氏(60)

11月26日は7~20時に市内78カ所で投票が行われ、即日開票します。選挙人名簿登録者数は、11月18日現在で40万1,012人(男人20万3,716人、女19万7,296人)です。

  

スポンサーリンク
 

 

最新の開票結果はコチラ

11月26日投開票の結果、立候補した無所属の新人5人がいずれも当選に必要な法定得票(有効投票数の4分の1)に届かず、公職選挙法に基づいて再選挙が行われることになりました。

 

村越祐民 28,109票

高橋亮平 20,338票

小泉文人 16,778票

坂下茂樹 27,725票

田中甲  26,128票

 

当日有権者数は393,815人、投票率は30.76%。異議申し立ての期間を経て、50日以内に再選挙が実施されます。

 

市川市長選の争点やポイントなどを解説

市川市長選の争点は、引退を表明した大久保博市長(68)の2期8年の市政に対して、継承が刷新かになります。県内最多の待機児童の問題も深刻です。

 

【各候補の公約や主張など】
▽村越氏
・市民の声を取り入れる市政運営に刷新
・JR市川大野~船橋法典間の新駅設置計画の見直し

▽高橋氏
・県内最多の待機児童の問題を解消させる
・政治を変えるのは市民一人ひとりの力が大切で市政の刷新

▽小泉氏
・社会的弱者の市内バス運賃の一律100円化
・タクシー代補助チケット発行、公営駐輪場の無料化

▽坂下氏
・大久保市長の後継者として国や県としっかり連携をとって事業を推進
・3次救急病院の誘致や待機児童の解消

▽田中氏
・待機児童解消のため、総合して保育をするステーションづくり
・京成線の高架化や立体化でスムーズな交通インフラの整備

  

スポンサーリンク
 

 

立候補した5人はどんな人?プロフィールや経歴を紹介

村越氏は青山学院大学を卒業、早稲田大院中退です。千葉県議などを経て衆院議員を2期務め、外務政務官などを歴任しました。

高橋氏は明治大を卒業。市川市議、中央大学の特任准教授などを務めました。千葉県松戸市の審議監の経験もあります。市長選は2度目の出馬です。

小泉氏は青山学院大を中退。番組制作会社の契約社員、衆院議員公設秘書などを経て千葉県議を務めたキャリアがあります。市長選は2度目の出馬です。

坂下氏は日本文化大を卒業。市川市議や千葉県議などを務めました。市青少年相談員、市消防団員など市民と間近に接した経験があります。

田中氏は立教大を卒業。市川市議、千葉県議、衆院議員など、豊富な議員経験があります。現在は不動産会社の社長をしています。

 

村越祐民(むらこし・ひろたみ)氏

f:id:supplex:20171125101605p:plain

生年月日:1974年2月13日
出身地:千葉県市川市
出身校:青山学院大学
党派:無所属
職歴:千葉県議(1期)、衆院議員(2期)


高橋亮平(たかはし・りょうへい)氏

f:id:supplex:20171125101639p:plain

生年月日:1976年5月4日
出身地:千葉県市川市
出身校:明治大学
党派:無所属
職歴:市川市議(2期)、中央大学特任准教授

 

小泉文人(こいずみ・ふみと)氏

f:id:supplex:20171125101708p:plain

生年月日:1973年4月21日
出身地:千葉県市川市
出身校:青山学院大学
党派:無所属
職歴:千葉県議(2期)、市川市議(2期)

 

坂下茂樹(さかした・しげき)氏

f:id:supplex:20171125101739p:plain

生年月日:1974年11月19日
出身地:千葉県市川市
出身校:日本文化大学
党派:無所属
職歴:市川市議(2期)、千葉県議(2期)


田中甲(たなか・こう)氏

f:id:supplex:20171125101805p:plain

生年月日:1957年1月8日
出身地:千葉県市川市
出身校:立教大学
党派:無所属
職歴:市川市議(1期)、千葉県議(2期)、衆院議員(3期)


市川市長選の情勢は、村越・坂下・田中3氏が激しく争っています。これを高橋・小泉両氏が追う展開になっています。

 

当記事では11月26日の即日開票に合わせ、結果速報を更新していきます。

  

スポンサーリンク