メリモ

管理人ユウジによる趣味ブログです

安曇野市長選挙2017結果速報!選挙日や立候補者、情勢予想も紹介

任期満了に伴う長野県安曇野市長選は、10月8日に告示されました。同15日に投開票が行われます。当記事では15日の即日開票に合わせ、結果速報を更新していきます。

立候補したのは、いずれも無所属で、新人で元市議の宮沢豊次氏(69)、共産党系の元市議の松沢好哲氏(73)、現職で3選を目指す宮沢宗弘氏(77)です。前回2013年の市長選と同じく、三つどもえの選挙戦になりました。

10月15日の投票時間は7~20時まで(一部投票所は18時まで)で、市内75カ所の投票所で行います。選挙人名簿登録者数は、10月7日現在で81,890人(男39,420人、女42,470)です。

  

スポンサーリンク
 

 

 

最新の開票結果はコチラ

   宮沢豊次 18,685票

   松沢好哲   9,144票

当選 宮沢宗弘 22,332票

 

 

安曇野市長選の争点やポイントなどを解説

安曇野市は2005年に旧5町村が合併して誕生後、4度目の市長選になります。少子高齢化が加速する中、人口減少対策に伴う子育て支援策、雇用創出、高齢者福祉などの政策が大きなポイントになります。地域の魅力をどのように具現していくのかが、市民にとって大きな関心ごとです。

安曇野市にとって懸案事項になっている問題もあります。2018年度に廃止か譲渡を決定する「長峰荘」、廃止方針を打ち出している「穂高プール」などがあります。合併前から引き継がれた両施設の処理問題も、選挙戦の各候補の注目の施策になるでしょう。

 

【各候補の公約や主張など】
▽宮沢豊次氏
・企業経営者として培った手腕を生かし、企業や大学サテライト校の誘致
・市民の声を聞きながら、市民参加型の市政を目指す
▽松沢氏
・借金による箱もの行政を今こそストップ
・穂高プール、長峰荘の存続。南部総合体育館建設ストップ
▽宮沢宗弘氏
・2期8年間の安曇野市の基礎づくりの実績
・田園産業都市としての安曇野市の魅力あふれるマチづくり

  

スポンサーリンク
 

 

 

立候補した3人はどんな人?プロフィールや経歴を紹介

宮沢豊次氏は早稲田大学を卒業後、長野銀行に入行し、支店長などを務めています。長野県大町市にある自然化粧品の製造・販売会社の「アルペンローゼ」の取締役工場長を経て2016年から社長を務めています。

松沢氏は法政大学を卒業後、安曇野・松本行政事務組合議長、平和憲法を守る安曇野の会副会長を務めています。北アルプス・安曇野を愛する会事務局でもあり、市民団代の幹部として住民運動などに携わっています。

宮沢宗弘氏は南安曇高校卒業。豊科町議を5期、県議会副議長など県議を5期務め、県監察委員なども歴任しています。2009年に安曇野市長選に出馬して初当選し、現在は2期目となっています。

 

宮沢豊次(みやざわ・とよつぐ)氏

f:id:supplex:20171013121655p:plain

生年月日:1948年1月1日
出身地:長野県安曇野市
出身校:早稲田大学
党派:無所属
職歴:安曇野市議、長野銀行、アルペンローゼ社長

 

松沢好哲(まつざわ・よしのり)氏

f:id:supplex:20171013121734p:plain

生年月日:1943年12月11日
出身地:長野県安曇野市
出身校:法政大学
党派:無所属
職歴:安曇野市議(3期)、農業

 

宮沢宗弘(みやざわ・むねひろ)氏

f:id:supplex:20171013121815p:plain

生年月日:1939年12月13日
出身地:長野県安曇野市
出身校:長野県南安曇農業高校
党派:無所属
職歴:安曇野市長(2期)、長野県議(5期)、豊科町議(5期)

 

安曇野市長選は、新人の宮沢豊次氏と現職の宮沢宗弘氏の事実上の一騎打ちになる公算が大きくなっています。同市には合併特例債という840億円もの借金があります。これをどうやって処理していくか、自主財源の確保にも注目です。

銀行などの民間の経営感覚に優れた宮沢豊次、2期8年の実績を持つ宮沢宗弘氏を市民がどのように判断するかが当落の行方となりそうです。松沢氏は支持基盤の確保が選挙戦の争点となります。

 

当記事では10月15日の即日開票に合わせ、結果速報を更新していきます。

  

スポンサーリンク