メリモ

管理人ユウジによる趣味ブログです

熱湯と冷水で果物の皮を簡単、キレイにむく方法の紹介!

暑い…、私は暑がりなので夏は苦手、でもこの時期から秋口にかけてだんだんと美味しくなっていく果物は大好き!です。ブドウに桃辺りは、ちょっと皮を剥くのが面倒なときもあるのですが、なんでも熱湯と冷水を使えば、簡単にプリッと皮が剥けちゃうのだそう。


ウ~ン、でも鮮度が落ちちゃわないのかなあ、いろいろと気になったのでやり方など急いで調べてみました。

   

スポンサーリンク
 

 

ゆで卵でやるのとおんなじ理屈です

f:id:supplex:20170717111004j:plain

実はちょっと前、妻がテレビでブドウの皮が、
「30秒ほど熱湯で茹でて素早く冷水に浸して冷やすと簡単に皮が剥ける!」
という方法を目にしていました。

なんでも、茹でることによって熱でブドウの果肉が膨張し皮を押し広げ、冷えることで元の大きさに果肉だけ戻るから、皮と果肉の間に隙間ができスッと剥けるのだそう。

ゆで卵を作ったとき、殻が剥けにくいことあるじゃないですか、

f:id:supplex:20170717111151j:plain

あれは新しい卵ほど起きやすいのですが、新鮮な卵の中にある二酸化炭素が熱で膨張して薄皮を押し広げ、殻と密着しているから剥けにくい。それをいったん冷水で冷やすと、二酸化炭素が縮んで剥けやすくなる、あれによく理屈は似ています。


でもゆで卵はともかく、熱にとても弱くて鮮度が命の果物を「茹でちゃってもいいの?」って思ったのは私だけじゃないはず。ただ、30秒ぐらいの茹で時間なら味も栄養も変化はない、と専門家がテレビでは言っていたと妻。


正直なところ、妻のようにスイーツ作りなどとしてブドウを使うなら、見た目もキレイに皮が剥けるこのやり方もありです。


が、皮ごと口の放り込んで、皮とタネを出す食べ方しかしない私にとっては無用の長物。きれいに洗ってくれさえすればOK、茹でる手間も冷水を作る手間も、はっきり言って無駄にしか思えません(笑)

   

スポンサーリンク
 

 

桃でもできるらしい!

ブドウと全く同じやり方(こっちはゆで時間20秒とか言ってますが)で、こちらもこれからが旬真っ盛りの桃の皮も、ツルんと気持ちよく剥けるんですって。

f:id:supplex:20170717111540j:plain

まあキレイで美味しそう!(^◇^)

 

タルト作りなんかをするときは、調理過程でどっちみち熱が入るので確かに便利で見た目もキレイに仕上がるはず、なので調理の手段として覚えておくのはいいでしょう。


ただ私の個人的趣味では、剥けそうで剥けない皮を一生懸命に剥いて、おいしそうな果実に近づくあの瞬間が楽しみ。


ブドウや桃の皮って確かに剥けにくい時もあるけど、普通に食べるだけならわざわざお湯を沸かして茹で、氷水を用意して冷やすほどの手間かな?と思ってしまうんです(笑)

 

こ・これは便利かも!

ただ、グレープフルーツの厄介な厚い皮と薄皮が、同じように熱湯で茹で(3分・・・長い)その後冷水でしっかり5分冷やすと…

f:id:supplex:20170717111829j:plain

こんな感じに、きれいに実だけにできるのにはびっくり(≧▽≦)


これまでグレープフルーツって、半分に切ってスプーンでほじる食べ方しかしてなかったから、これは確かに食べやすいし無駄も少ないです。


これ他の柑橘類でもできるのかなあ、甘夏とか八朔とか、そうそうあの大きくて剥くのがすごく大変な晩白柚(ばんぺいゆ)とか。


お盆になると、スーパーでも見かけるようになる晩白柚、あの果実はかなり美味しいのでいつも買っては苦労して剥いていますが、今度熱湯&冷水皮むきを試してみようかなと思いました。

 

否定しながらも実は面倒くさがりの私でした(笑)

   

スポンサーリンク