メリモ

管理人ユウジによる趣味ブログです

黒や茶色看板のセブンイレブンの理由についてリサーチしました!

実は前々から気になっていたことがありまして……。あのコンビニのセブン‐イレブンのことなんです。地域によっては、黒~い店舗だったり、茶色~い店舗だったりするんですよね。ちょっと不気味、ちょっとおしゃれ??

   

スポンサーリンク
 

 

セブン‐イレブンのコーポレートカラーは何処へ?

セブン-イレブンのコーポレートカラーは、「赤」「緑」「オレンジ」です。セブンのロゴマークや店舗外装の看板にも、この彩色のラインが横に入っていますよね。ひと目でセブンだと分かります。
 
ドライブ中でも、わりと遠目からでも認識できます。ローソンなら濃いブルー系、ファミマならグリー系など、コンビニを瞬時に色で認識できます。まあ、そんなことも考えて配色を決めたのでしょうけど。
 
ところがですよ。ヘンな色したセブンがあるのをご存じでしたか?それも、黒やこげ茶のような店舗には全く似つかわしくない色でして……。「どうしたの?このセブン」って思わず言いたくなります。
 
オーナーのセンスなのでしょうか?オプションでシブい色が選択できたのでしょうか。いずれにしても、斎場か喪中のような雰囲気ですよね。

f:id:supplex:20170717105107j:plain

f:id:supplex:20170717105120j:plain

この2つのコンビは、正真正銘のセブン-セブンイレブンなんです。うそじゃありません。

 

ちなみに、画像の上が北海道上川町の大雪山国立公園内、下が群馬県の草津温泉にある各店舗です。画像をモノクロ調整したのではありません。この2つの出店地域にピンときた人は、鋭いですね。実はそ~なんです。

   

スポンサーリンク
 

 

店なのに「目立っちゃいけない規制」のためなんです

コンビニも飲食店などの店舗も、この世界は目立ってナンボです。パッと見で勝負が決まるといってもいいぐらいです。プロスポーツ選手と同じです。はっきりと自己主張することが大切です。
 
じゃ、なぜという疑問の答えは以下の「目立っちゃいけない規制」のためなんです。
 
【京都市屋外広告物等に関する条例】
この条例は,屋外広告物,掲出物件及び特定屋内広告物の位置,規模,形態及び意匠について必要な制限を行うことにより,都市の景観の維持及び向上を図るとともに,屋外広告物及び掲出物件の破損,落下,倒壊等による公衆に対する危害を防止することを目的とする。
 
簡単にいうと、街の景観や雰囲気に合わないド派手な看板や模様はダメですよ、という内容です。これらのエリアに出店する際は、街の雰囲気に溶け込むか、目立たないような店舗にしなければなりません。
 
例えば国立公園内は「国立公園法」によって、都道府県や市町村は「条例」によって規制されています。これに適合しなければ、建築許可などの行政上の許認可が出ません。これらの地域に出店する際は「郷に入れば郷に従う」しかないのですよ。

 

先日、初めてJリーグを見にいきました。わが愛するグランパスの試合を見にホームのパロマ瑞穂スタジアムに家族3人で行きました。グランパスのフラッグを買って、スタンドにいきました。そうしたら、「都市景観条例」に引っかかりました。初めてなので間違ってアウェー側でチケットを買ってしまったんですよね(笑)
 
つまり、グランパスサポーターが、対戦チームの山形応援団のスタンドに紛れ込んでしまった形です。もちろん、ブルーと黄色に彩られた山形スタンドで、赤いグランパスのフラッグを出すことができませんでした。レプリカユニホームを着ていなかったのが幸いです^^;

   

スポンサーリンク