メリモ

管理人ユウジによる趣味ブログです

レイザーラモンHGの現在と嫁との格差がヤバい!消えた理由は?

今となっては、先日触れた嫁とのセット売りの感も否めないかつての大人気者レイザーラモンHGですが、ちゃっかり7月16日夜9:58分から放映予定の「しくじり先生俺のようになるな!」にも、奥さんにくっついて出演するようです。

ただ今や、億万長者?とも思える収入の嫁さんとの年収の差はすごいんじゃないか?っていうかあんなに売れまくっていたのに、忽然とテレビからその姿を見なくなったのはなぜなのか?

かなり気になったのでリサーチしてみました♪

 

 

スポンサーリンク
 

 

「フォォー!!」しか思い出せません

f:id:supplex:20170711141629j:plain

大方の方がそうかもしれませんが、このいで立ちとトレードマークのサングラス、そしてあの叫び声しか覚えちゃいませんよね、ネタなんてやってたんかい!って感じです。


でも元々は、HGこと住谷正樹と最近そのモノマネ(一切似てないけど)ネタでプチブレイク中の相方、出渕誠が大学時代に結成した漫才ユニット、「レイザーラモン」として、いくつかのお笑い大会で賞を受賞。


吉本新喜劇では、若手としては多いセリフと、大きな役どころを与えられるなどなかなかの有望株だったらしい。

 

転機が来たのは2005年ごろからの大ブレイク

ボケ担当としてコンビで活動していた彼らですが、2002年ごろから住谷がハードゲイという奇妙なキャラ設定をした、「レイザーラモンHG」としてピン活動を開始。テレビやイベント出演など、住谷単独での露出が徐々に増え始めます。

何が面白いのか私には理解不能でしたが(笑)2007年から始まったネタ番組、「爆笑レッドカーペット」(2014年放送終了)の大ヒットにの波にも乗って大ブレイク、見ない日はないほどの人気者になりました。

完全な色物で、すぐ消えるかと思っていたHGの人気は、1年物ではなく意外にも長続き。取り残された相方の出渕(もはや誰のことかわからん!)は、その人気に便乗して「リアルゲイ」「HGの愛人」という訳の分からん設定の丸パクリキャラ、レイザーラモンRGとして登場し始めます。
 

HGがテレビから消えたのは…

HGは業界内では「絡みずらい」「パクリが過ぎる」と大物芸人から酷評を受けていた相方のRGをよそにその活動の幅を広げ、大学時代にプロレス同好会にいた経歴と、その肉体美を活かし、小川直哉と高田延彦が中心となって人気を博したプロレス興行「ハッスル」に参加します。

f:id:supplex:20170711142122j:plain

おお!(◎_◎;)、誰やねん!って、サングラスと衣装を脱ぎ去ったHGの姿ですよ。


確かに、この肉体とキャラクターならプロレスリングでも人気が出る、ハッスルの舞台でも、彼は持ち前の運動神経の良さと身体能力、そして「フォー!!」のキメ台詞で人気レスラーの仲間入りをします。(どさくさ紛れにあの緩んだ体のRGも参加)


ところが、そのリング上で2009年7月、彼は左足のかかとを粉砕骨折する大けがを負い、長期療養を余儀なくされます。


このHGの長期離脱中に、「なかなか言わないあるあるネタ」など、HGに頼らない独自の路線で注目され始めていた、RGの仕事が増えていきます。


さらに、時代の流れで同性愛や、性同一性問題について笑いネタにするのはどうかという風潮が高まってきたことも合わさって、HGとしての仕事が激減、その姿をテレビで見なくなってしまったのです。


要するにケガという不運と、それに合わせて必要だったキャラ抜けの時期に失敗したのが、HGの「しくじり」なわけですね、少~しRGのせいもある気がしますけども。(・_・;)

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

レイザーラモンHGの現在の収入は?

全盛期は最高月収1,000万円越え、それがどん底の時は7,000円にまで落ち込んだのだそうですが・・・、

f:id:supplex:20170711142407j:plain

この去年8月の結婚10周年のお祝写真を見る限り、悲壮感はゼロですね。(*´ω`*)
紹介した肉体美を保つためのジムトレーニングや、総額180万円ともいわれる歯の矯正。美容クリニックや、ビューティーサロン通いなど、自らの美へのお金を惜しみなく使っているのだそう。

 

他にもなんだか美術に興味があったらしく、

f:id:supplex:20170711142533j:plain

優雅に絵を描いてチャリティーオークションに出品するなど、行動は完全にセレブレティ。


嫁が商才を発揮して、今や敏腕女社長、HG自身は準レギュラーが2本あるだけの芸能活動を考えるとこらヒモかな(笑)


ただ、その絵画も確かにうまいですし、相方のRGと共に「住谷と出渕(RGね)」というすの姿で漫才をしたい、という意思は強いのだそう。


そのキャラではない話術と、漫才ネタでレイザーラモンの二人が、テレビの表舞台で活躍する日がくるのか!、私も注目しておこうと思っています、でも無理かなあ…。

 

 

スポンサーリンク