メリモ

管理人ユウジによる趣味ブログです

ファーウェイの初任給40万って本当?賞与や福利厚生も紹介!

皆さんファーウェイっていう中国外資系会社って知ってます?

実は今、この通信機器ベンダー企業の日本法人、「華為技術日本(株)」の大卒初任給が、異常に高いと大騒ぎになっているんです。その額なんと・・・40万円!!!

今の日本企業の大卒初任給の倍近く、これじゃ優秀な人材は、ぜ~んぶかっさられちゃうんじゃないのか?


そう心配になった私は、このファーウェイの初任給について本当のところはどうなのか、いくら給料高くても福利厚生がザルだとたまらないってことで、いろいろと調べてみました。

 

スポンサーリンク
 

 

 

ファーウェイってどういう会社?

初任給がどうしたとか待遇がどうとかいう前に、そもそも「ファーウェイって何?知らないけど!」っていう方もいらっしゃると思うので、簡単に説明すると、通信機器、要するにスマホだとかUSBとかそういったものを手掛けている会社です。

f:id:supplex:20170708160035p:plain

実は、その分野ではスウェーデンの世界最大の通信機器メーカー「エリクソン」に次いで世界2位の規模を誇る、社員数も17万人近くいるマンモス企業なんです。


なんでもかのアップルやグーグル、Amazonなんかと並んで、「世界の革新的企業ランキング5位」に選ばれたこともあるそうな。


「でっかくて革新的な会社だから給料がいいのかあ・・」と思ったかもしれませんが、日本でいえばトップ企業のソニーやパナソニックなんかでも、その大卒初任給は高くて25万円ぐらいですので、初任給40万はやっぱり高いです(笑)

 

賞与や福利厚生もヤバいです(◎_◎;)

いくらなんでも高すぎやしない?、本当にそれだけ給料くれるのか気になってので、急いでいろいろ検索をかけてみました。


すると・・・出てましたリクルートさんの「リクナビ」に。学士卒で月給40.1万円、修士卒は月給43万円 、博士号を取ればそれ以上もあり得ることがしっかりと明記されていましたし、待遇面も、


▽諸手当 通勤交通費、残業代
▽昇給 昇給制度による
▽賞与 業績により年1回以上
▽休日休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、育児・介護休暇、慶弔休暇
▽保険 各種社会保険完備
▽福利厚生 退職金制度、医療保険制度


となっていたうえ、有給休暇については必ず、「半分消化」するよう指示がでるのだそうです。


イイですね待遇も(笑)はっきり言うと私が前に勤めていた会社の人事・総務担当者に、「爪の垢を煎じて」飲んでほしいぐらい、充実しているようです。


しかも賞与、ボーナスは少なく見積もっても2ヶ月分以上、ってことは年収が新卒の若造で560万円以上じゃないですか!、そんないい職場あるんですかね。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

高いのにはちゃんとした理由がありました!

「そんな給料がもらえるなら受けたい、入社したいと多くの学生が殺到してしまい、これては日本の企業が人材確保できず、スカスカになってしまう!」と危機感を持った私の考えは間違いでした。


募集されていた職種を見れば、わかる方ならわかりますが、


通信ネットワークエンジニア
端末テストエンジニア(若干名)
端末アフターサービスエンジニア(若干名)
研究職・アルゴリズムエンジニア(画像処理、AR/VR、音声処理、Codec)


はい!何をする仕事でしょうか、すべてバリバリのエンジニアがする仕事ですね。


バリバリのエンジニアが「月収40万円」、実はお買い得かもしれません!!じゃなくて超特価です!!


世界基準で見れば即戦力のエンジニアなら、年収1000万円越えは当たり前、世界的企業のトップエンジニアなら「億」に行ってる方もいるのだとか。


しかもその採用人数、新卒に限るとその実績は・・・
2016年度:男性4人 女性2人
2015年度:男性4人 女性3人
2014年度:男性2人 女性0人
ですって!


ソニーの2016年の新卒採用人数知ってます?300人ですよ?そりゃあ、採用人数が50分の1なら、倍の給料も出せますって話です。

 


日本の企業は長い目で人材を育成し、新卒初任給を上げているうちはあくまで「先行投資」です。損をしてでも、会社を将来支える人作りをしっかり視野に入れてるんですね。


私に言わせれば、ファーウェイの人材採用方式は使えそうな学生を「お金でほっぺたをたたいて引っこ抜いているだけ」に感じてしまうんですが、皆さんはどうでしょう?一時のジャイアンツみたいです(笑)


将来その学生は、自分の力をもっと評価して、高い給料を提示してくれる場所があれば、恩も義理もないその会社には見切りをつけ、とっとと「ヘッドハンティング」ってのが、世界のエンジニア市場の実態です。


ただこれじゃ、企業として「人材の自転車操業」、先細りしそうな気がするの私だけでしょうか?古いんですかね~私。

 

 

スポンサーリンク