メリモ

管理人ユウジによる趣味ブログです

アジサイ【万華鏡】の育て方を紹介!販売店や通販での価格は?

梅雨の季節と言えば「アジサイ」ですよね~♪青や紫にピンク色!この季節になると会社の花瓶にはアジサイが並んでいますし、通勤中にも発見することが増えました!子どもたちが「アジサイ畑に行きたい!」と言い出すと、あぁ~もう1年も半分終わったのかぁとしみじみ思います。


というか、アジサイって「畑」って言うんでしょうか( ゚Д゚)アジサイ園??妻もアジサイが好きで家の花瓶にもこのアジサイが飾ってありました。


2,3日前から家のアジサイの元気がなくなってきていたのでアジサイを買いなおそうという話しになり、「アジサイ」とインターネットで検索して調べてみると…「ええなにこれ!!めっちゃ綺麗!」思わず家で呟きましたよね(*_*;


それが「万華鏡」とよばれるアジサイとの出会いでした(#^.^#)

   

スポンサーリンク
 

 

「万華鏡」と呼ばれるアジサイ…家で育てられるの!?

よくよく調べるとツイッターでも大人気なようでイイネが5万もいってますね…!

す・ご・い!本当に万華鏡を覗いているようなアジサイです。でも、こんな繊細そうなお花家で育てられるのでしょうか?


調べてみると、この万華鏡アジサイは何と何を掛け合わされて作られたか非公開のため一般的なアジサイの育て方を皆さん参考にされているようですよ( `―´)ノ


アジサイは水を好み、土は肥沃で湿潤が良いそうです!そして、育てる場所は半日蔭! でも、日光にあまり当たらないと花のつきが悪くなるみたいです(´・ω・`)


梅雨の時期は日光によく当てるようにし、真夏は葉がしおれ葉焼けをおこすので半日陰にしときましょう!!


それと、アジサイは水が好きだそうで、土が乾くとたっぷりと水をあげることも大切だそうですよ!どれぐらいたっぷりかというと…「鉢底から水がでるまでたっぷり」です!よくよく考えると、万華鏡アジサイであってもアジサイは梅雨の時期のお花ですもんね。


思ったより育て方は簡単で、家でも育てられそうです☆


育て方はいたって簡単で、日光の調整とお水の上げ方に気を付けていれば簡単そうですね!

   

スポンサーリンク
 

 

万華鏡アジサイの値段や購入場所は?

f:id:supplex:20170719141807j:plain

万華鏡アジサイ、お花を育てる初心者の私でも育てられそうだ!でも、こんな綺麗なお花高価なものなのでは?


そんな、気になるお値段は5号のサイズで4,860円(税込)でした!手が届かない値段だ!!生花でいつか枯れてしまうのに数万円もかけれない!というあなたにも購入できるお値段です。


意外とお手軽で驚きました。よーし!値段も育て方も調べたし、いよいよ購入しよう(#^^#)


しかし、インターネットを利用し、楽天・Amazon等検索しましたが…ない!


もっと、綿密に時間をかけて調べると購入できる店舗や通販サイトがでてくるのかもしれませんが30分ほどのネットサーフィンでは購入店舗はでてきませんでした。

 

https://www.facebook.com/shimaneajisai/


上記URLの万華鏡アジサイは「日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2016」いう賞を受賞していることや、ツイッターで拡散されたこと、母の日の贈り物に大流行したことが重なり今年手に入れることは難しいよう( ゚Д゚)


公式のフェイスブックでも5月10日に今年の分はもう出荷し終えたと書いているので、来年まで待つのが最もいい状態の万華鏡アジサイを手に入れる方法みたいですね(´・ω・`)あまり状態のよくない万華鏡アジサイなら市場に出回っているかもしれません。


直営販売は!?と思い調べてみると、公式の生産地である島根県の生産場所での直営販売も行っていないみたいなので、やっぱり来年まで待つ方がよさそうです( ゚Д゚)


私も妻と子どもと共に来年の梅雨の時期の楽しみのひとつとして万華鏡アジサイを待つことにします。でも、来年までこんな美しいお花を我慢なんて待ち遠しいですねぇ*1


もう手にしているあなたはとてもとてもラッキーですよ~!

   

スポンサーリンク
 

 

*1:+_+